%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-22-54-08

WordPressとMauticを連携させる

CMSとして知名度が高いのはやはりWordPressですね。

WordPressと連携させる専用プラグインとして、WP Mauticがあります。

このプラグインはMauticの開発チームがリリースしているプラグインで、Mauticのトラッキングタグやフォームのショートコードを埋め込めることができます。

なお2016年12月18日時点では、WordPress公式ディレクトリにあるものはここ最近更新されていないので、ダイナミックコンテンツやJSトラッキングを使用したい場合はGitHubリポジトリのものを使用しましょう。(開発版の可能性がありますので、バグを踏む可能性があります)

セットアップ

プラグインをインストールして有効化した後、Mauticとの連携設定をする必要があります。

設定画面は「設定 > WP Mautic」から見ることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-22-58-53

「Mautic Base URL」に自分のMauticのURLを入力して保存しましょう。

これでWordPressとMauticを連携する準備ができました。

Mautic Formを埋め込む

このプラグインでは、Mauticで作成したフォームをWordPressに埋め込むためのショートコードを利用することができます。

Mauticでフォームを作成後、フォームのIDを以下のようなショートコードとして埋め込みましょう。

※ショートコードとして変換されないように[mauticformの間にスペースを挿入しています。
実際に利用する場合はスペースを削除してください。

[ mauticform id="X"]

ちなみに実際に埋め込んでみた例が以下です。

Mauticフォーム埋め込みサンプル

==========ここからフォーム埋め込み==========

==========ここまでフォーム埋め込み==========

その他のMauticプラグイン

その他にもフォーム連携プラグインがいろいろあったりします。
https://wordpress.org/plugins/search.php?q=Mautic
検索して試してみるもよしですし、ここでもいずれ紹介したいと思いますので、それまで待つも良しかなと思います。